大谷翔平の海外の反応が面白い?実況が特殊なのかやなぜ可愛いと話題なのか調査

スポンサーリンク

メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手。

投手と野手の二刀流で日本・海外を代表する人気物。

現在海外では大谷翔平選手の事が可愛いと話題になっています。

こちらの記事では、大谷翔平選手の海外の反応がなぜ面白いのか?
実況が特殊なのかやなぜ可愛いと話題なのかを調査し詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

大谷翔平の海外の反応が面白いと言われているのはなぜ?実況の仕方が特殊なの?

大谷翔平選手の海外での反応が面白いのは、彼の実力がずば抜けているからだと感じます。

見ていて凄すぎて笑ってしまったという経験はありませんか?

大谷翔平選手はそれくらいの能力を兼ね備えており、また結果も出しています。

今までの常識を覆す活躍を大谷翔平選手はしているのではないでしょうか。

今でこそ日本人がメジャーリーグで活躍するのもよく見かけますが、昔はパワーの差で日本人は海外の人には勝てないと言われていました。

しかし、大谷翔平選手は投手としても結果を残し、また打者としても結果を残しています。

【2022年 投手成績→9勝4敗 打者成績→2割5分8厘 本塁打数19本】

この結果を見る限り投手の成績・打者の成績共に海外の選手に負けていない数字ではないでしょうか。

実況の仕方も注目されていますが、特殊な実況ではなく自然と言葉が出てきているように感じます。

投手の時に、100マイル(161キロ)を連発してくる投手はなかなかいません。

そんな場面を実況している方からすれば、驚きの連続で発信する言葉が自然と面白い内容になっているのではないかと感じます。

日本語での実況も多くされており人気と実力を兼ね備えた選手であることは間違いありません。

スポンサーリンク

大谷翔平の海外の反応でかわいすぎると話題になっている理由とは?

理由としては、表情・リアクションではないでしょうか。

笑った時の素晴らしい笑顔。

女性ファンを虜にするのは間違いなし!

大谷翔平選手の笑顔は野球少年のような素直で明るいイメージの笑顔。

試合中も、ホームランを打って戻って来た時も飛び跳ねるようなかっこでハイタッチをする様子などを見ているとこちらまで幸せな気分になります。

相手チームファンの子供から「バット欲しい」とおねだりされた際、大谷選手は最初笑って「あげねーよぉ」と言いつつも、結局最後はバットをプレゼントしていました。

プロ野球とはファンの方がいて成り立つスポーツ。

ファンサービスを忘れず、そこにユーモア溢れる対応をしている大谷翔平選手が海外で話題になるのは必然ではないかと思います。

今後も活躍していき年齢を重ねていくと思いますが、ファンを大切にする心だけは絶対に無くしてほしくないと願うばかり・・・

スポンサーリンク

大谷翔平の海外の反応に対してのネットの反応は?

大谷翔平選手は現在9勝目。

初のメジャーリーグでの2桁勝利に王手をかけている。

1918年にベーブ・ルースが記録して以来、104年ぶりとなる「シーズン2桁勝利&2桁本塁打」。

この記録に関しては、もう達成できると思います。

大谷翔平選手の現在の活躍を見ていると2021年とは大きく違う。

2021年の奪三振記録156個。

2022年7月14日現在の奪三振記録123個。

奪三振記録がすでに2021年と33個しか変わらない。

明らかにストレートの伸びが違い、大谷翔平選手の投手としての能力が2021年以上であると感じます。

大谷翔平選手の残り試合の登板は、13試合に登板すると予想されている。

あと残り試合でどれだけの記録を残してくれるかはわからないが、ファンとしてはみんなが想像できないような結果を残してくれる事を祈るばかり。

エンゼルスは、現在39勝50敗で負け越している状況。

大谷翔平選手が出た試合しか勝てないという厳しい意見も出ています。

大谷翔平選手にはこの苦境で個人の結果ももちろんであるが、チームを勝たせる事ができる偉大な選手になってほしい。

大谷翔平選手ならそれができると思います。

チームメイトとのコミュニケーションもしっかりとれているし、1番にみんなから信頼されている。

チームの大黒柱として活躍し、苦しむチームを笑顔が絶えないチームにしていってくれる事を願う・・・

投手として31回連続自責点ゼロの球団新記録を樹立。

12奪三振で4試合連続2桁奪三振を達成。

エンゼルスの先発投手として三塁打を放ったのは1972年6月27日のライアン氏以来。

とんでもない記録ですね。

この試合では1番ピッチャーで出場していました。

普通のピッチャーであれば、記録などがかかった試合などの打席ではバットは振らずに打席に立つだけ。

というのをよく見かけると思いますが、大谷翔平選手はそうではありません。

打者としても真剣勝負。

3塁打を打った=3塁まで全力疾走!

その後に投手として投げる!

これで球団新記録を樹立!

本当の天才?秀才?化け物?笑

世界最高レベルと言われているメジャーリーグでこのプレースタイルでやっているだけでも凄い事なのに、そこで結果をしっかりと出している。

これは他球団のチームもファンもお手上げ状態だと思います。

もうすでにMVP宣言が出ています!

地元の記者の方が言っているのでほぼ間違いないでしょう。

本当にMVPを受賞したら投手・打者どちらが評価されるのか・・・

個人的には、打者評価の方が高いと考えます。

やはり打者というのは、3割打てるのが良い打者。

その中で、大谷翔平選手は7月14日現在で2割5分8厘という成績。

普通の成績に見えますが、投手と打者の二刀流を実践しての結果です。

打者だけに専念している選手でもこの数字に到達するのに苦労しているのに大谷翔平選手は、二刀流でこの結果。

打者成績の方が評価に値するのではないかと感じました。
(投手としてもとんでもなく凄いですよ!)

大谷翔平選手オールスター出場決定!

オールスターといえば野球のお祭り。

ファンとしては、ALL直球での勝負を見てみたいです。

打者としては全打席ホームラン狙い!

ただケガだけはしないように頑張ってほしいです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は大谷翔平選手についてご紹介してきました。

やはり大谷翔平選手といえば、投手と打者の二刀流が有名。

ネットの声なども調査しましたが、大谷翔平選手の事を悪く言っている人はいませんでした。

ファンへの対応・チームメイトとのコミュニケーション等を怠る事なくメリハリをつけてやっているのだと思います。

今後も注目度は日本・海外においてトップクラスの存在であると思いますが、ケガには十分注意して無理をせずこれからも暴れ回ってほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました