志麻さんのホタテのメンチカツのレシピとは?作り方や感想と口コミもご紹介!!

志麻さんの料理のレシピ
スポンサーリンク

志麻さんのホタテのメンチカツは、ホタテを手でちぎってメンチカツにする予想外のレシピです。

噛んだ瞬間にホタテの汁が溢れ出し、ホタテ好きも大満足な一品ですよ。

ホタテフライとはまた違った食感を楽しめますので、是非お試しください。

こちらの記事では

・志麻さんのホタテのメンチカツの材料や作り方
・志麻さんのホタテのメンチカツのレシピの感想
・志麻さんのホタテのメンチカツを作る方へのアドバイス
・志麻さんのホタテのメンチカツのレシピの口コミ

について普段から志麻さんのレシピで料理を作っている私が解説しています。

志麻さんのホタテのメンチカツにはじめて挑戦する方や一度作ってみたけどうまく作ることが出来なかった方は、参考にして見てくださいね。

スポンサーリンク

志麻さんのホタテのメンチカツのレシピとは?

志麻さんのホタテのメンチカツは、とても簡単なのに料理上手をアピールできるレシピです。

ちぎって練ることでホタテのねっとり感と甘さが増して美味しくなり、油で揚げるため食べ応えも十分に感じられます。

志麻さんのホタテのメンチカツの材料【4個分】

ホタテ   小20個
塩コショウ 適量
小麦粉   適量
溶き卵   適量
パン粉   適量
油     適量

【タルタルソース】
たまねぎ  1/4個
ゆで卵   1個
ピクルス  4本
パセリ   少々
レモン   1/4個
マヨネーズ 大さじ4

志麻さんのホタテのメンチカツの作り方

調理時間:20分
調理器具:フライパン、ボウル、鍋

①ホタテをキッチンペーパーで包み、水分をとる。

②ボウルにホタテを手でちぎって入れ、塩コショウをしてこねるように混ぜる。

③粘りが出てきたら一口大に丸める。

④全体に小麦粉をまぶし、溶き卵をくぐらせたらパン粉をつけて、弱火で片面3分ずつ揚げ焼きにする。

【タルタルソース】
⑤鍋でゆで卵をつくる。

⑥みじん切りにした玉ねぎを水にさらしてから水気をとり、ゆで卵の黄身を手でほぐし、白身はみじん切りにする。

みじん切りにしたピクルス、パセリと玉ねぎ、ゆで卵をボウルに入れて絞ったレモン汁とマヨネーズを入れてよく混ぜる。

⑦お皿にメンチカツをのせ、タルタルソース、レモンを添えたら完成。

スポンサーリンク

志麻さんのホタテのメンチカツのレシピの感想

お手軽さはどうか ★★★★
美味しさ     ★★★★★
食材費は     ★★★
子供向きなのか  ★★★★★

ホタテはスーパーで普通に売っているものを使いました。

ホタテをちぎって成形しているため、噛んだ瞬間にホタテのうま味をダイレクトに感じることができてちょっと感動しました。

これまでもホタテフライは作ったことがありましたが、ちぎる工程があるだけでここまで食感が変わるのは驚きです。

ホタテの数が少し足りなかったので小ぶりなメンチカツになりましたが、タルタルソースを添えるため満足感も十分に味わえました。

スポンサーリンク

志麻さんのホタテのメンチカツのレシピでこれから料理する人へのアドバイス

ホタテをちぎる時は、割くのではなく練るような感じでほぐします。

魚のつみれでもそうですが、練ることで粘りや弾力が出て成形しやすくなりますし、うま味を十分に引き出すことができます。

また、成形する際は強い力で丸めようとせず、まとまるくらいの方がホロホロとなっておいしいと思います。

まとめるのが難しいようであれば衣をつける前に冷蔵庫で冷やすとまとめやすくなりますよ。

揚げ焼きにする際に形がくずれる危険がありますので、あまりメンチカツを触らず、フライパンの方を傾けて油が全体に行きわたるようにするといいでしょう。

スポンサーリンク

志麻さんのホタテのメンチカツのレシピの口コミとは?

ホタテをメンチカツにする珍しいレシピ、実際に試した方はどのような感想を持ったのでしょうか。

口コミも気になりますね。

今回は良い口コミと、いまいちな口コミどちらもピックアップしてみました。

また、それに伴うおすすめできる方、できない方についても解説していきます。

志麻さんのホタテのメンチカツのレシピを実践しようかと迷っている方は、是非参考にして見てくださいね。

志麻さんのホタテのメンチカツのレシピが良かったという方の口コミ

ホタテはアミノ酸やグルタミン酸などのうま味成分が豊富です。

ですが、そのまま生で食べるとちょっと淡白な印象かもしれません。

メンチカツにすることで、ホタテのねっとり感や甘さが引き立ちます。

手でちぎって成形するだけなので簡単です。

また、きれいな丸い形にするよりは凹凸がある方がかえっておしゃれな印象になりますから、あまり形を気にする必要もありません。

もしくずれてしまっても、タルタルソースをたっぷりのせれば見た目も鮮やかで食欲をそそります。

ピクルスはなかなか常備されている家庭は少ないのではないでしょうか。

ピクルスの代わりにらっきょやたくわん、柴漬けなどのお漬物を代用するのはおすすめです。

マヨネーズ一色にならず、味にアクセントがつきますよ。

志麻さんのホタテのメンチカツのレシピをおすすめ出来る人は?

ホームパーティーなどお客様に出すメニューとしておすすめです。

ホタテというだけでも豪華ですし、タルタルソースでボリュームも出せます。

ワインにも合いますし、サイドメニューとしてはこれほど最適なものはないのではないでしょうか。

また、メンチにする発想が料理上手を窺わせます。

ささっと一品作りました、くらいの感覚で出せたらカッコイイですよね。

志麻さんのホタテのメンチカツのレシピがいまいちだったという方の口コミ

ホタテを20個準備するのはお値段的にもちょっと大変ですね。

ただ、メインメニューとして食べることはできなくても、ホタテの美味しさが十分に堪能できますのでサイドメニューとして少し食べるだけでもインパクトはあります。

もっと量を増やしたい場合は、白身魚やエビを加えるとまた違った食感も楽しめておすすめです。

これまで卵はマッシャーで潰していたのですが、志麻さんのレシピを参考にして白身をみじん切りにしたら卵の存在感がより感じられて美味しくいただけました。

あとタルタルソースで気をつけるのは、水っぽくならないようにすることです。

私はタルタルソースには玉ねぎときゅうりを入れていますが、軽く塩で水分を出してから混ぜるようにしています。

志麻さんのホタテのメンチカツのレシピをおすすめ出来ない人は?

やはりホタテ自体が苦手な方にはおすすめできません。

私は貝が好きなので分かりませんが、貝特有の生臭さを気にする方もいると思います。

特に冷凍ホタテは解凍方法で匂いや歯ごたえが違ってくるそうです。

調べたところ、ボールに凍った状態のホタテと同量の氷を入れ、小さじ1の塩をふりかけてラップをし、常温で3~5時間解凍するといった塩氷解凍が獲れたての状態に近づけるそうです。

また、生のホタテは苦手でもフライにしてタルタルソースをつけることで生臭さは和らぐのではないかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

志麻さんのホタテのメンチカツは、とても簡単なのに料理上手をアピールできるレシピです。

料理を作る時のポイントは以下の3つのことを意識して見てください。

・ホタテをちぎる時は、割くのではなく練るような感じでほぐす
・成形する際は強い力で丸めようとせず、まとまるくらいにする
・揚げ焼きにする際はあまりメンチカツを触らず、フライパンの方を傾けて油が全体に行きわたるようにする

噛んだ瞬間にホタテの汁が溢れ出して、ホタテ好きも大満足な一品です。

ホタテフライとはまた違った食感を楽しめますので、是非お試しくださいね。

タイトルとURLをコピーしました