根尾昴はなぜ人気?凄さや才能と意識の高さも調査!!

スポーツ
スポンサーリンク

現在中日ドラゴンズで活躍中の根尾選手。

高校生ドラフト会議では、中日ドラゴンズ・日本ハムファイターズ・読売ジャイアンツ・東京ヤクルトスワローズの4球団から1位指名を受け、中日ドラゴンズに入団しました。

高校時代は、投手・野手の2刀流で活躍しており、入団後は遊撃手としてプレーしていましたが、最近では投手としても活躍しておりこれからのプロ野球界を盛り上げてくれる事間違いなし。

こちらの記事では根尾昴選手はなぜ人気なのか?

また、凄さや才能と意識の高さも調査し詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

根尾昴はなぜ人気なのか?

名門大阪桐蔭高校野球部では2年春から3年夏まで4季連続で甲子園に出場。

そのうち、2年春・3年春・3年夏で全国優勝。

「大阪桐蔭歴代最強世代」の中心的存在でありました。

野球の実力もさることながら、勉強・スキーも抜群の成績を残しています。

なんと偏差値70!

寮生活をしながら勉強も短期集中型でとりくんでいたと言われています。

寮生活を経験した事がある方ならわかるかもしれませんが、なかなかできません・・・(汗)

礼儀も素晴らしく、インタビューの受け答え・先輩への対応も抜群。

「非の打ち所がない」の見本だと感じます。

文句のない実力・能力を兼ね備えているのに、謙虚な姿勢を崩さないこの人間力がドラゴンズファンだけでなく、他球団ファンからも人気がある理由だと感じます。

スポンサーリンク

根尾昴の凄さと才能とは?何がすごいの?

根尾選手の1番凄いところは、身体能力の高さです。

さかのぼる事小学生時代、ソフトボール投げで88m92cmを記録。

ダルビッシュ選手・田中将大選手を超え!

50m走6.1秒、陸上全国大会で100m走で5位。

中学時代は飛騨高山ボーイズに所属し、球速はなんと146キロを計測。

全国30校からスカウトがきていたそうです。

中学時代の学力はオール5&生徒会長もしていました。

野球・勉強の両立をするだけでも大変なのに、そこに結果がついてきている・・・

これが根尾選手の凄さだと感じます。

スポンサーリンク

根尾昴の意識の高さは?

根尾昴選手の意識の高さでまず関心するのが、毎月10冊以上の本を読む事です。

練習が終わってから寮に帰って寝る30分前に読む、遠征等のバス車内で読む。

自分で時間を見つけては本を読んでいたとの事です。

次に根尾昴選手の意識の高さで関心することは練習後30分間の勉強を行う事。

そこで集中力をMaxにもっていき勉強に取り組んでいたとの事です。

このように、スイッチの切り替え(野球→勉強→野球→勉強)が半端なく上手いのだと感じます。

そして、根尾昴選手の意識の高さの決め事は何があっても絶対にやる事です。

雨が降っても、ケガをしてもやらない事はなかったとの事です。

「1日くらいやらなくてもいいか」となってしまいそうですが、根尾選手は一切それがなくすべてやり遂げていたとの事でした。

スポンサーリンク

根尾昴の人気に対してのネットの反応は?

高校デビュー戦で145キロを計測!怪物ですね。

インタビューの受け答えも高校時代から大人顔負けの実力だったようです。

Tweet / Twitter

ファンサービスも忘れない。

雑誌の表紙を飾り、今ではドラゴンズの顔ですね。

出てくるだけで歓声が湧き上がると、見ている方もテンション上がる!

グッズを購入するのも行列に並んでやっと買える=人気選手だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回は根尾選手についてご紹介してきました。

根尾選手は、野球の実力だけではなく勉強・スキーと幅広い能力を兼ね備えています。

こんな凄い選手でも、日々のルーティンは絶対欠かさず行い努力しているという所が非常に魅力的に感じました。

今後の更なる活躍に期待し、応援していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました